おいしい緑茶のいれかた

ホット

 

①ポットから湯飲みに一旦お湯を注ぐ

②茶葉を1人あたり小さいティースプーン大さじ1杯(2~3g)急須に入れる

③湯飲みから急須にお湯を移しかえる

④じっくり30秒から60秒待つ

⑤複数の湯飲みに注ぐ特には少しづつ均等に注ぐ

⑥急須のふたを外す(茶葉が蒸れずに2煎目がおいしくなります)

⑥さあどうぞ召し上がれ。

 

 

冷茶のいれかた

 

①グラスや急須に氷をたっぷりいれる

②茶葉を1人あたりティースプーン大さじ1杯と少し(3~4g)急須に入れる

③ポットから急須にお湯を注ぐ(氷があるぶんいつもより少なめに)

④じっくり45秒から60秒待つ

⑤氷めがけて一気に注ぐ

⑥さあ、おいしい冷茶を召し上がれ

 

 

いれかたのトリビア

※お湯の温度で味は変わる

 湯温が高いと渋み成分がたっぷりとでます。

 低いと渋み成分は抑えられ、甘み成分はしっかりと出ます。

  これは科学的に証明されています。 

 一般に高級煎茶は70~80℃、煎茶は80~90℃がおいしいです。

 因みにやかんからポットにお湯を移すと100→90℃

 ポットから湯飲みに注いでから急須に移すと大体80℃になります。 

 

※急須をぐるぐるまわすと…

 渋み成分が強く出ます 

 

※携帯マグでは…

 ホットの緑茶はあまりおいしくありません。

 携帯マグには、ほうじ茶のような香りの強いお茶や和紅茶、

 冷茶がぴったりあいます。

 

※渋いお茶がお好きな方は

 ①茶葉を多めにいれる

 ②熱湯を注ぐ

 ③ぐるぐる急須をまわす

 ばっちり渋いお茶がはいります。

 

※渋いお茶が苦手な方は

 ①茶葉の量を少し少なくする

 ②お湯を湯呑にいれてしばらくさましてから急須に移す

 または、いっそ水出しをしてみる

 

 とろーり甘いお茶がはいります。